ブリリアントピラティス

ブリリアントピラティス 一生太らないをカラダの芯から目指すピラティスダイエット

ブリリアントピラティストップへ sayakaプロフィール ピラティスのレッスン紹介 ピラティスとは ピラティスのDVDを紹介 sayakaのブログへ
ブリリアントピラティスDVD
sayaka完全プロデュース
あなたの日常に輝きをプラス
Brilliant Pilates好評受付中
sayakaのピラティスレッスンは下記のスタジオで受講できます。
湘南台カルチャーセンター
  藤沢市湘南台2-5-10
DANCE STUDIO MALISOL
  藤沢市鵠沼東4-6-302
AQUA
  横浜市西区平沼1-1-12-305

お申込・お問い合わせはこちらから
リンク集
ブリリアントピラティス・モバイル版
ピラティスで一番重要「腹横筋」
ピラティスで一番意識して欲しいのは、身体の一番奥の内臓の近くにある「腹横筋」です。ピラティスのエクササイズ中は常に「腹横筋」を使います。この筋肉は内臓を支えて、お腹を引っ込める役割があります。また、背骨を支える腹巻のような役割もあるので、腰痛持ちの方にもとても重要な筋肉となってきます。くしゃみ、咳をするときに「ぎゅっ」と縮まって内臓を保護してくれるのです。
ぽっこりお腹が目立っていたり、ビール腹の方はこの腹横筋が弱くなり、伸びて垂れ下がってしまっていることが非常に多いです。また、産後の女性で骨盤が開き内蔵が下垂(下がってくる)してしまっている方も腹横筋を鍛えてあげる必要があります。
さて、この腹横筋は身体の奥の方とはいったいどこにあるのでしょうか??おへそに手を当てて喉の奥で咳払いをしてみましょう。この時に、手で触っているお腹の表面ではなく内側で内臓を「ぎゅっ」と強く包むような感覚があるのがお分かりでしょうか?それが腹横筋です。
ピラティスのエクササイズでは常にその咳払いをした状態のように、腹横筋を縮めておきます。慣れてくると力の入れ方がわかってくるので、スムーズに腹横筋を使うことができますが、始めのうちはエクササイズの最初に姿勢を整えた時に小さな咳払いをして確認してみても良いかもしれませんね。
戻る
お問い合わせ 特定商取引について 当サイトについて 管理画面 ©Copyright ブリリアントピラティス sayaka All Rights Reserved... 
©Copyright 株式会社ベアサイド All Rights Reserved...