ブリリアントピラティス

ブリリアントピラティス 一生太らないをカラダの芯から目指すピラティスダイエット

ブリリアントピラティストップへ sayakaプロフィール ピラティスのレッスン紹介 ピラティスとは ピラティスのDVDを紹介 sayakaのブログへ
ブリリアントピラティスDVD
sayaka完全プロデュース
あなたの日常に輝きをプラス
Brilliant Pilates好評受付中
sayakaのピラティスレッスンは下記のスタジオで受講できます。
湘南台カルチャーセンター
  藤沢市湘南台2-5-10
DANCE STUDIO MALISOL
  藤沢市鵠沼東4-6-302
AQUA
  横浜市西区平沼1-1-12-305

お申込・お問い合わせはこちらから
リンク集
ブリリアントピラティス・モバイル版
くびれを支える「腹斜筋」
ピラティスを行っていくうえで次に重要なのは「内腹斜筋」と「外腹斜筋」です。これらは字の通り、身体の内側に斜めにある筋肉です。それぞれ、肋骨(あばら骨)の下と、骨盤の上を斜めに対角線を結ぶようにあります。
この2種類の働きはほぼ同じです。背骨を支えながら、身体を回転させます。ウエストを捻る動作は全てこの2つが働いているのです。
その中でも腹横筋のすぐ上に重なっている「内腹斜筋」は、ぽっこりお腹になるのを押さえ、また排泄を助けます。ピラティスが便秘の予防と改善になるのは、内腹斜筋をエクササイズの中で多く使っているのも理由のひとつです。便秘がちの方で、トイレで上手に「いきめない」方もいると思います。そういった方は内腹斜筋が弱くなってしまっているかもしれません。腹横筋と同じようにエクササイズ中に意識をして、体幹を捻るエクササイズで内腹斜筋を刺激して鍛えてあげましょう。
これに対して外腹斜筋は、よく見かける腹筋運動の動作(体を曲げる動作)の補助をします。一番表面上にある腹直筋のお手伝いです。こちらの外腹斜筋は身体を捻る動作で主に働きます。
戻る
お問い合わせ 特定商取引について 当サイトについて 管理画面 ©Copyright ブリリアントピラティス sayaka All Rights Reserved... 
©Copyright 株式会社ベアサイド All Rights Reserved...